規則性の分野は次のように大きく5つの単元に分けています。
T 植木算
U 方陣算
V 周期と数列
W 特別な数列
X ゲーム・推理から規則へ

それぞれの単元にいくつかの重要な基本ルールを含んでいます。

T 植木算・・・ 
点の個数 と 間隔の個数 との関係を問う問題は,全て広い意味で植木算と考えていいと思います。
 数の個数に関する様々な問題も,両端の数が「含まれる」か「含まれない」かによって,計算が異なります。基本的な二つのケースをしっかり利用できるようにしよう。
それ以外の特別なケースは,公式化しないで,
問題に応じ
単純な数例で関係を見つけだす ようにしたらいい

U 方陣算・・・ 碁石やコインを一定の規則でならべる問題。@全体の個数 A周りの個数
 B一辺に並ぶ個数 C増え方の規則 の4点を押さえるのが基本だが,比分算的解法が通用する問題がかなり多い

V 周期と数列・・・等差系の規則に対して,番目をNとして,@N番目の数 AN番目までの和 BN周期目の個数や先頭の数 をNの関数として表せるかどうかが大きなねらい
  倍数系と余りの問題では,数の性質・剰余系の問題と同じ解法で。ここでも,比分算的解法が通用する問題がかなり多い。
W 特別な数列・・・@階差数列 A等比数列と和 Bフィボナッチ数列と和 Cその他の高度な公式・規則(二乗数列と和,部分分数に分ける和,複合関数など)
どれも難度は高いが出題頻度も高い。ただし,等差系の複合関数以外は独立分野の色が濃く,最も後回しにしてもさほど影響はない分野でもある。

X ゲーム・推理から規則へ

ゲーム的な問題では,与えられたルールをしっかりと読み取って,その流れに沿って実際に手作業していくというのが基本だが,問題によっては,その中からある一定の規則性や,周期が見つかることも多い。「なんらかの規則があるかも」と考えてみることだ。問題にもいくつかのパターンがある。
@)和や差・割合の関係を読み取ることを推理の基礎となる問題
A)論理的に規則を読み取る問題・・・「なぜ」そんな規則になるかがわかるタイプ。
B)少ない例からの表化により,規則を読む問題・・・「なぜ」よりも効率的な現場処理能力が大事。
C)ルールに沿って,ひたすら手作業して解く問題・・・「なぜ」と感じることすら邪魔らしい。